予告:ピアニスト薗田奈緒子インタビュー

ヴァン・クライバーン国際コンクールも無事に終了したようですが、このたびはエリザベート国際のお話です。

ピアノ部門でも有名なエリザベート国際コンクールは、今年は同コンクール史上初のチェロ部門が開催され、先々週の土曜日に結果が出ました(日本時間の日曜日朝)。フランス人チェリストが初代優勝者の栄冠に輝いています。また、日本人の岡本侑也さんが第2位に入賞し、日本でも話題になっています。おめでとうございますと申し上げたい。

ところでそのコンクールで活躍した人がもう二人います。コンクール公式ピアニストの一人として活躍した佐藤卓史さんと、公式ピアニスト並に、あるいは一部証言によれば公式ピアニスト以上に?激しく出演していたのではないかと、噂されるベルリン在住のピアニスト、薗田奈緒子さんです。

ねもねも舎ではさっそく、持てる人脈を駆使して本人へのコンタクトを試みました(本当言うとFacebookでお友達なのさ)。「インタビューさせて」「いいですよ」かくしてとんとんとインタビューが決まりました。薗田さんに感謝いたします。

コンクールの縁の下の力持ち。出場者の力を100%発揮、いやむしろ120%の限界まで引き出すお手伝いをする。それが薗田奈緒子さんに与えられるミッションです。

本人に突撃したインタビューは明日公開予定。当事者にしかわからない数々の経験談は、ねもねも舎の読者の皆様にとっても大変興味深いものであることに疑問はありません。お楽しみにお待ちください。

[`evernote` not found]